歯の黄ばみが気になった時にできるホワイトニング方法とは

大人になるにつれて、歯の黄ばみが気になる人は多くいます。

歯の黄ばみの原因は、タバコのヤニやコーヒー紅茶に含まれているステインが原因です。

 

最近はステインを除去する歯磨き粉も販売されているので、歯の黄ばみが気になる人は使用することをおすすめします。

歯磨き粉だけでは黄ばみが改善されないのであれば、歯を白くする薬剤を使用することをおすすめします。

 

ドラッグストアやドン・キホーテのようなところでは、ホワイトニング対策のグッズが豊富に販売されています。

手軽に購入できるし、値段も3000円あれば購入できるので、自宅で簡単にホワイトニングしたい人におすすめです。

 

それでも効果を実感できない人は、歯医者に行って本格的にホワイトニングすることをおすすめします。

歯医者でのホワイトニングは保険適用外の治療になります。

 

審美歯科というものです。

そのため、1本あたりのホワイトニングは3000円程度かかり、すべての歯をホワイトニングするとなるとトータルして7万円から8万円かかります。

 

決して安い金額ではないし、1度の治療でホワイトニングが完了するわけではありません。

何回か歯医者に通う必要があります。時間と手間がかかりますが、確実に歯を白くしたい人にとっては歯医者でのホワイトニングをおすすめします。

 

歯医者でのホワイトニングの方法も簡単にセルフケアすることができるようになりました。

歯の色でその人の印象は大きく変わるので、思い立った時に行動することをおすすめします。

関連記事

  1. 子供の成績をアップために必要な環境と親がすべきこと

    子供の成績が良くない場合によくあるのが勉強自体が嫌になっていることが多くありますが、やっても良いことがないとい […]

  2. 子どもとともに勉強に向き合ってみましょう

    子供に勉強を頑張ってもらい、成績を上げてほしいと思うのは親として仕方ないことでもあります。 そのために勉強を強 […]